Home > STRANGER. > 俺の膝(手術辺りの部)

俺の膝(手術辺りの部)

俺の膝(手術辺りの部)

Nishiyamaです。

前回そんなこんなで手術を決意、5月上旬に手術しました。
手術では、下半身麻酔と睡眠薬?を使用するとか、全身麻酔ってものを受けてみたかったけど不要なようです。
時間を適当に潰して、手術当日。朝から手術。

手術の感想。
まず下半身麻酔ですが、マッタク痛くはないですが麻酔を入れられてる時の感覚が「ヒドイ腰痛」の時のコリ見たいな感じがして気持ち悪いです。
そんで10分後ぐらいに針見たいなものでつつかれて麻酔の効き具合を確認、下半身が動かない。
あと、麻酔の時にはスゲー寒気に襲われました。
心拍数とかは異常ない見たいですが震えて喋れないぐらいの寒気に襲われます、上半身に温風ヒーター付けましたがあんまし意味なし。

手術は見たいとリクエストしたんで、見ながら説明受けました。手術開始の合図からソッコーで内視鏡をぶち込まれて膝の状態をカメラで確認。
完全にIN THE LIFEのアダムバントンのパートとリンク。(18:50らへん)
前十字靭帯があった所はトンネルみたいになってました。8年も前に受傷したのに元前十字靭帯の残骸らしきものがプカプカ。
MRI画像の時点で傷んでいると言われた半月板も、2個所亀裂が入っているとかで縫うとのこと。
最後に、大腿骨(モモの骨)の軟骨が素人判断で見てガッツリ欠けてました。
案の定、軟骨も移植手術するんで入院期間が長引くとのこと、若干落ち込む。

赤丸が多分後十字靭帯で、オレンジが軟骨欠けてる所です。

その後、サンダーみたいなもので骨削られたり、ノミとハンマーでガツガツ叩かれたり。自分の体をノミで叩かれるのは衝撃的でした。
そんなんしてる内に睡眠剤で眠って、気づくと手術終了。
手術当日の夕方にはご飯も食べて、本も読んでました。足の指もちょっとは動くようになったし、夜も普通に寝てました。
2日程、背中に管を入れて麻酔を入れ続けてましたが効きやすい体質みたいで、痛みとは無縁の日々。
手術後の痛みには人によっては、高熱とか夜寝れない場合もあるようです、運が良かった。

多分手術後の中身…生っぽい感じ満載です。

と、いつ撮られたのかレントゲン


残念ながら、映像はもらえませんでした~。

今回はここまで。

同じ時期に十字靱帯の手術をした人が数人病室にいて話しましたが、入院期間はおおよそ以下のようです。

Lv1 前十字靭帯損傷(約2週間入院)→Lv2 半月板損傷(約3週間入院)→Lv3 軟骨損傷(約6週間入院)

僕はLv3だったんですでに約6週間以上入院してます、ヒマです。
PC持ち込んでネットして持ち堪えてますが、PCなかったら廃人になりかねないですね。
半月板損傷辺りで手術すんのが良いですね、今後の影響も考えると…..

Comments:1

afr 11-06-26 (日) 16:30

8月に左前十字再建と半月板縫合手術の予定なんで凄く参考になりました。引き続き報告願います

Comment Form
Remember personal info
Feeds
Meta