Home > Archives > 2011-05

2011-05

俺の膝(熟成の部)

Nishiyamaです。

前回は、僕が十字靱帯を怪我したときのことを書きましたが、今回は続きを。

前十字靱帯断裂との診断を受けてから一週間ぐらいたったころには、足の腫れも収まり、通常通り仕事に復帰。
医者の話では、十字靱帯を損傷すると強い力が加わった時に「膝崩れ」という後遺症(?)のようなものがあるとのことでしたが、
日常生活でBMX以外のスポーツはしていなかった為、特に発生せず最初のころは温存してよかったなんてことも思っていました。

もう、前の話なので最初に「膝崩れ」が起きた状況は覚えていませんが、恐らくBMXに乗っていた時でしょう。
その頃の僕はバニーホップ180を練習していたころでした。
僕は左足前スタンスで時計回りの為、回りきらない時とかモロに怪我した側の足で耐える感じですね。
初「膝崩れ」が起きたのも180練習しててリアが地面に引っかかった時とかだと思います。
装具も付けてたはずですが、両サイドの骨格以外はソフトな素材だったので、あまり意味がなかったはず。。。

その時の感覚は、「ちゃんと足で踏ん張ったのに左足だけつまずいた感じ」、しかも直後に激痛が左足に。
喋れない。
痛みに耐えるために歯を食いしばっていて、口が開かない。目も開けれない。
なんとか四つん這いになって転がってるチャリを道の脇に避ける。
やっぱ、喋れない。
2、3分後にやっと喋れる、目も開けれるようになる感じでした。
周りから見たら膝をステムにぶつけたのと勘違いされたりしてました。
んで、その日は乗るどころではないため帰宅って感じです。
翌日には膝が腫れるので、整形外科に行き注射器で溜まった水と血を抜いてもらいます。

そんなのを年に1、2回×8年は繰り返してました。

強い力が掛からない日常生活でも稀に膝に何かが引っかかって伸び切らない、「ロッキング」って症状も発生してました。
その時はいろんな方向にストレッチみたいに曲げ伸ばししてたらコキッって音とともに、足が伸びるようになってたんで自分で治してました。
後から聞いた話だと半月板が引っかかってると「ロッキング」が起こるとかナントカ。。。

今回はここまで。

ちなみに「膝崩れ」ですが。
個人差あると思いますが僕のイメージだと、雑巾の端を両手で持って勢いよく引っ張るって感じです。
それが膝の中で起きてる。
怪我してない側の足だと想像もできない感覚でした。たった一本の筋でここまで膝がユルくなるものかと。
今でも「膝崩れ」発生のことを思い出すと怖くなります。
ヤダヤダ。

俺の膝(受傷の部)

Nishiyamaです。
久しぶりに書きます。

いきなりですが現在病院に入院中です。
なぜかというと、8年前に今は亡き新宿EDITパークで行われた、今は亡き武蔵野JAMで怪我した左膝前十字靱帯の再建手術の為です。
スポーツマンの人はよく怪我するようですが、BMXライダーの人にもちらほら見かけますので、何かの参考にしてもらえればと思います。

まず受傷したのは8年前の20才(ぐらい)の時ですが、レールにダブルペグでバランスを崩して、左足一本で着地してしまったために靱帯断裂しました。
痛みとチャリに絡まってコケたんで立ち上がれずにいたところGROW BMX SHOPの岡山潤くんに助けられました。
潤くん、あの時はありがとう。

相当痛かったものの、なぜか「膝の皿がずれただけ」と思ってすぐに正座したりしてました。アホです。
その日も新宿~世田谷をチャリ漕いで帰ろうとしてましたが、知り合いに家まで送って貰いそのまま就寝。

翌日、会社に行こうと思って起きたらビックリ。
左膝がモモの太さにまで腫れあがってました。モモと膝の区別がつかない状態に…………全く曲がんないし。

その日会社は休んで、整形外科病院へ。
膝に溜まった水と血を抜いてもらい、少しは動かせるように。
数週間の後に、レントゲン、MRI等の検査を行い、左膝前十字靱帯断裂の診断。
再建手術するか、とりあえず温存するかの二択。

その時ではどんな問題あるのかわからなかったし、再断裂の話なんかも聞いてたんで温存を選択。
別の病院を紹介してもらって、膝の装具を作成。
スポンジみたいな布の両サイドにガイドみたいなアルミの骨格がついたやつでした。
確か10割だと7万ぐらい。

そんで、その後もいつも通りにチャリに乗る日々へ

今回は、これで終了。昔すぎて画像も何も無くてすいません。
適当に続きを書く予定です。

Takarabe Day&Night

Dayの部はどうなるかと思ったけど結果たくさん集まり無茶苦茶なジャッジの元きっとみんな楽しんでたことでしょう。
いつもの緩い感じで大変良かったかと。
カーブもみんなのおかげで育ったしありがたい限りです。
次はROBが梅雨あたりにやるとかやんないとか。
お楽しみに。

YouTube Preview Image
Feeds
Meta