Home > STRANGER. > new bike その2

new bike その2

new bike その2

どうでも良いけど、最近よく色んなメーカーで採用されているサンコーチューブとファミリーやロードバイクなどで採用されているタンゲチューブについて。

突然ですが、擬音でしなりと戻りの応答速度を表現するとタンゲは”バイン“、サンコーは”ボヨン“。

何が言いたいか伝わるかな??
例えばプッシュや何かでフレームがしなったときに返ってくる力と速度がタンゲは強くて速いとの事。サンコーはそれに比べてゆっくりと元に戻るイメージ。
これだけ聞くとタンゲが良い!となるかもしれないけど、タンゲをしならせるにはそれなりに強い力が必要なわけでだし、他にも違いはあるので、どちらのチューブが好みかは人によると思う。

自分の場合、サンコーチューブの旧バローズも乗っていた事があるけど、うけるぐらいふにゃふにゃだった。乗り味が柔らかいし、フレームがよくしなったので低速度で力を入れなくても予想以上にバニーホップで高さが出たりしていた。
でもやっぱり欲が出てきて、もっと速いスピードでもっと強力な反動が欲しいとか考えるとタンゲチューブの新バローズにだいぶ期待が寄せられてる。
乗り込んでいくのが楽しみ。

ちなみに聞いたところによると擬音によるこうした表現はロードバイクなどのフレームビルダー達が使っているらしいよ〜

何でこんな事書くかって言うと、チャリにしろトリックにしろ工具にしろ、色々こだわりを持つのが好きだからなんだよね。

やっぱりステムとヘッドの間にスペーサを入れるのはあまり好みではないのでハンドルの背が高いやつを買おうかと思っております。ボーナスでるしね〜
狙いはT-1のPaulBBarかな〜

Comments:4

N 07-07-11 (水) 12:39

てか、例の処理はご自分でなさったの?
ちょっとプライベートで色々ありまして忙しく連絡出来ぬ間に。
すんません。

キシン 07-07-11 (水) 14:57

大変そうですね。。そうなんですよ。。。連絡したあの日のうちにやってしまいました。鉄ノコとヤスリでの力業です。ただ、、、丸棒ヤスリがなかったために仕上がりは角張っています。

北朝鮮直行便 07-07-11 (水) 15:04

さすが分析博士。
テールウィップ頑張ってください。

きしん 07-07-11 (水) 18:37

なんか分析ばかりしていてさっぱりうまくならないね。テールウィップやりたいね〜

Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://www.strangedesignworks.com/2007/07/11/new%E3%80%80bike%E3%80%80%E3%81%9D%E3%81%AE2/trackback/
Listed below are links to weblogs that reference
new bike その2 from STRANGER
Feeds
Meta