Home > Archives > 2006-11

2006-11

welcome to team


家からチャリで3分ぐらいのところに住んでるエキが加入!
思い起こせば、まだチャリ乗り始めたばっかでほとんど何にも出来ない頃から一緒に乗ってます。
すでに、BoredのHPで動画見た人は知っていると思うが、彼はやります。

近日Riderのページにて詳しい情報をUPします。

あと、VIDEOの方も、徐々に形になってきました。
発売まじかか!?まじか?!

北関東

  • 2006-11-27 (月)
  • News


仕事で北関東へスケートボードビデオの撮影に同行して来ました。(チャリ持参)


途中意味不明な立看板を発見。誰か電話してみて下さい。

そうこうしている間に世界的に有名らしい某所へ到着。

!!?

なるほど。確かにすごい。好きな人はかなりはまりそう、、、、
コーピング保護の為ペグは禁止ぽい空気。
なので全く興味が沸かず車で昼寝。

続いて、パークへ。

ここはチャリ禁止、、、、暇なんで車で午後寝。

休む間もなく、高架下のコンクリランプへ。

コーピングが浅く、ペグがかからないのでやること無し。車で寝る。

次にいったTRICK STARスケートパークはチャリ禁止なので写真すら撮らずに睡眠。

ラストはスケートSHOP内の屋内パークへ。

もちろんお決まりのチャリ禁止。車で仮眠。

というわけで、一日寝てただけでした

それだけ。

仕事の息抜き

  • 2006-11-17 (金)
  • News

仕事柄、会社の展示会前はチャリに乗る暇も無いほど忙しくなります。
(平均睡眠時間3時間)
皆精神的にも疲れてきて上司には話しかけただけで殴られるというカオスな状況。

なわけで、そんな時こそ楽しく仕事をしようということで面白メガネを買ってきました。(700円)

早速上司に掛けさせる。

同僚にも掛けさせる。
 

自分も掛けてみる。

このメガネはピンホールになっているので、掛けていれば目がよくなるらしい、、、、

それだけ。

エンポイ

  • 2006-11-16 (木)
  • News

先週はなんとタコヤンと新潟へ男二人旅。いつもは財布のひもが鬼結びのタコヤンも、俺に旅館の食事代をおごってくれるぐらい太っ腹になってたよ。それだけ飯がうまかったって言うのもあるんだけどね〜
それはそうと色んなところでエンドポイントのレビューがかかれるかと思うけど、独断と偏見で感想書きます。

park→Rが充実していてRが好きな人はとても良いんじゃないかと。グラインド、バンクが好きな人は少し物足りないかもしれない。その中で一番魅力的に感じたセクションがタイトなRつきウォール。しかも微妙にオーバーハングしてたりする。でもこのウォール、タイトなくせに幅がない。つまり浅い角度で入れないんだよね。。。だからスピードをつけるとウォールからはみ出ちゃう。このウォールで高さを出すには進入角度とスピードがとても重要になるんだけど、、ウォールがある場所がかなりスピードがつく高いクォータの間。乗れるときと言えば、みんな高速で流しているし、誰もこのウォールに手を出さないんだよね。。だからなかなかウォールに入るタイミングが見つけられなかったんだよね。そんな中、マクニールの西野君が写真を撮ってくれるというのでそれをきっかけにこのウォールを堪能しました。西野君、ありがとう。高さはもっと慣れれば出せると思うけど、このときのメイクできた限界は下の写真ぐらいでした。ヘルメットが邪魔だったけど楽しかった!


photo:西野(Macneil)

ライダー→注目のライダーは450のタクヤとその周辺のライダー(名前がわからなくてすいません)。何が良いかって前日の練習で多くのライダーが大会を意識して必死に練習している中(俺はそう感じたんだよね)、タクヤ達はパークを楽しんでいた。たぶんまだメイクできなかったんだと思うけどバンクウォールでのウォールtoバースピンアウトで遊んでいた。大会がどうのとかじゃなく、BMXを楽しんでいたんだよね。どんなときでも純粋にBMXを楽しもうという感じが自分にもたまに欠落しちゃうので勉強になりました。そしてタクヤは動きが独特で本当にかっこいい!

ちなみに俺の大会の内容はぼろぼろでしたね。メイク率悪すぎ。

Sa Brand

  • 2006-11-13 (月)
  • News

よく乗りに行っている武蔵野公園のスケーターの中で一番仲の良いフルイ君。
スケートの乗り方がすごく粗くていきなり凄い事をやり始める。かと思えば凄いロマンチックなことを言い始めたり、ちょっとパークに来ないと思ったらバンドを組んで音楽にのめり込んだり、つかみ所のない魅力があるスケーターだ。
そんなフルイ君にこの前会ったとき、また一つ新しい一面が見えた。
それはTeeのブランドを立ち上げたってこと。意外とデザイン系も好きだったのね。
名前は「Sa brand」。コンセプトは「garden」で、水、緑、土、月が大切なんだって。
楽しければそれで良いという彼は、儲けることは考えていないみたい。
Teeのサンプルを撮らせてもらったのでのせておきます。
これからのSa brandの動きが楽しみだ!

続・ビアボング

  • 2006-11-13 (月)
  • News

ビアボング使ってみたよ。
缶で注ぐのははっきり言っておもしろくない。やっぱりジョッキで一気に行くのが良いみたいね。最初はいやがっていた人もやってみたら意外によかったみたい。俺もやってみたけど一気にビールが胃に届くのでアルコールを全く感じないね。牛乳パック一気のみよりも楽だ。

今日もキャップをかぶるのに、なぜかマッドワックスつけすぎで男爵風な頭になっちゃったタコヤンにbeerを注入。この一杯には細工がしてあったらしくそのあとタコヤンはいつも通り死んでた。(それでも次の日は仕事に行くのでそういうところは尊敬する。)
みんな楽しんだんじゃないかと信じたいね。
注)ビアボングはあくまでbeerで楽しむ物であって、スピリタスとか絶対にやるべきじゃないよ。

本場の味?

  • 2006-11-08 (水)
  • News

新発売のこれ。

是非食べていただきたい久々のヒット作。
特に社長。

それだけ。

Pages: 1 2 Next→
Feeds
Meta